読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【AS400】デフォルト・ゲートウェイの変更

AS400セットアップ後、なかなか変更にならなそうなデフォルトゲートウェイの変更方法を記しておきます。

IBM iのVersionは、V7R1になります。

変更方法

  • 例として、現在、「172.16.1.1」のデフォゲを、「172.16.1.254」へ変更する操作になります。

(1) 現状のルーティング・テーブルの確認

CFGTCPメニューを呼び出します。

CFGTCP [実行]

TCP/IP構成メニュー

メニュー番号2の「TCP/IP 経路の処理」を選択。

 CFGTCP                          TCP/IP の構成                                  
                                                          システム :   SYSTEMNAME
 次の中から1つを選択してください。                                             
                                                                                
      1. TCP/IP インターフェースの処理                                          
      2. TCP/IP 経路の処理                                                      
      3. TCP/IP 属性の変更                                                      
      4. TCP/IP ポート制約事項の処理                                            
      5. TCP/IP リモート・システム情報の処理                                    
                                                                                
     10. TCP/IP ホスト・テーブル項目の処理                                      
     11. TCP/IP ホスト・テーブルの組み合わせ                                    
     12. TCP/IP ドメイン情報の変更                                              
                                                                                
     20. TCP/IP 適用業務の構成                                                  
     21. 関連テーブルの構成                                                     
     22. POINT-TO-POINT TCP/IP の構成                                           
                                                                                
                                                                                
 選択項目またはコマンド                                                         
 ===> 2                                                                    
                                                                                
 F3= 終了   F4= プロンプト   F9=コマンド の複写   F12= 取り消し                    

下記が、現状のルーティング・テーブルで、*DFTROUTEの経路がデフォルトゲートウェイとなります。

                               TCP/IP 経路の処理           
                                                          システム :   SYSTEMNAME
 オプションを入力して,実行キーを押してください。   
   1= 追加   2= 変更   4= 除去   5= 表示        
                                                        
                                                                
 OPT   経路宛先        サブネット・マスク       ネクスト・ホップ         優先 インターフェース
    
  -   ---------------  ---------------  ---------------                  
      *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.1        172.16.1.10 



               
                                                                            
                                                                         
                                                                         
                                                                        終わり 
 F3= 終了        F5= 最新表示   F6= リストの印刷   F11=TYPE OF SERVICE の表示
 F12= 取り消し   F17= 先頭      F18= 最後       

(2) 新しいデフォルトゲートウェイの登録

まず、新しいデフォゲのルートを追加します。OPT1で、経路宛先、サブネットマスク、ネクストホップを入力し、実行キーで次に進みます。

                               TCP/IP 経路の処理                                
                                                          システム :   SYSTEMNAME
 オプションを入力して,実行キーを押してください。                               
   1= 追加   2= 変更   4= 除去   5= 表示                                        
                                                                                
                                                                                
 OPT   経路宛先        サブネット・マスク       ネクスト・ホップ         優先 インターフェース         
  1   *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.254                  
  -   ---------------  ---------------  ---------------         
      *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.1       172.16.1.10             






                 
                                      
                                                                                
                                                                        終わり  
 F3= 終了        F5= 最新表示   F6= リストの印刷   F11=TYPE OF SERVICE の表示   
 F12= 取り消し   F17= 先頭      F18= 最後     

有線バインド・インターフェースに、対象のインタフェースのIPアドレスを入力し、実行キー打鍵で登録となります。

                         TCP/IP 経路の追加  (ADDTCPRTE)                         
                                                                                
  選択項目を入力して,実行キーを押してください。                                
                                                                                
  経路宛先  . . . . . . . . . . . > *DFTROUTE                                   
                                                                                
  サブネット・マスク  . . . . . . > *NONE                                       
 TYPE OF SERVICE  . . . . . . . .   *NORMAL       *MINDELAY, *MAXTHRPUT...      
  ネクスト・ホップ  . . . . . . . > '172.16.1.254'                              
                                                                                
  優先 バインド・インターフェース  . . . . .   '172.16.1.10' <<<<<<<<<<<<<<<<<<<(入力)
  最大送信単位  . . . . . . . . .   *IFC          576-16388, *IFC               
  経路メトリック  . . . . . . . .   1             1-16                          
  経路再配分  . . . . . . . . . .   *NO           *NO, *YES                     
  重複経路優先順位  . . . . . . .   *MEDIUM       1-10, *MEDIUM, *HIGH, *LOW    
  テキスト ' 記述 ' . . . . . . .   *BLANK                                      
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                         終り   
 F3= 終了    F4=プロンプト   F5= 最新表示    F12= 取り消し                         
 F13= この画面の使用法                    F24= キーの続き

これで新しい経路(DFTROUTE)が追加されました!

                               TCP/IP 経路の処理                                
                                                          システム :   SYSTEMNAME
 オプションを入力して,実行キーを押してください。                               
   1= 追加   2= 変更   4= 除去   5= 表示                                        
                                                                                
                                                                                
 OPT   経路宛先        サブネット・マスク       ネクスト・ホップ         優先 インターフェース         

  -   ---------------  ---------------  ---------------              
      *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.1       172.16.1.10             
      *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.254     172.16.1.10             






                


                                                                        終わり  
 F3= 終了        F5= 最新表示   F6= リストの印刷   F11=TYPE OF SERVICE の表示   
 F12= 取り消し   F17= 先頭      F18= 最後                                       
 TCP/IP  経路  は正常に追加された。  

(3) 旧デフォルトゲートウェイの削除

最後に、元々のデフォルトゲートを削除します。削除対象のルートに、OPT4を入力し、実行キーで進みます。

                               TCP/IP 経路の処理                                
                                                          システム :   SYSTEMNAME
 オプションを入力して,実行キーを押してください。                               
   1= 追加   2= 変更   4= 除去   5= 表示                                        
                                                                                
                                                                                
 OPT   経路宛先        サブネット・マスク       ネクスト・ホップ         優先 インターフェース    
     
  -   ---------------  ---------------  ---------------                     
  4   *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.1       172.16.1.10             
      *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.254     172.16.1.10            






        
           
                                                                        終わり
 F3= 終了        F5= 最新表示   F6= リストの印刷   F11=TYPE OF SERVICE の表示 
 F12= 取り消し   F17= 先頭      F18= 最後 

削除の最終確認です。間違いなければ、実行キーで、削除処理を実施します。

                            TCP/IP 経路の除去の確認                             
                                                          システム :   *SYSTEMNAME
 「 4= 除去」の選択項目が正しい場合には,実行キーを押してください。             
 選択項目を変更するためには, F12 キーを押して戻ってください。                  
                                                                                
                                                                                
                                                                                
 OPT   経路宛先        サブネット・マスク       ネクスト・ホップ         優先 インターフェース         
  4   *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.1       172.16.1.10             
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                        終わり  
 F11=TYPE OF SERVICE の表示   F12= 取り消し 

無事、デフォゲが1つだけとなり、変更されていることがわかるかと思います!

                               TCP/IP 経路の処理                                
                                                          システム :   SYSTEMNAME 
 オプションを入力して,実行キーを押してください。                               
   1= 追加   2= 変更   4= 除去   5= 表示                                        
                                                                                
                                                                                
 OPT   経路宛先        サブネット・マスク       ネクスト・ホップ         優先 インターフェース         
                                                                                
      *DFTROUTE        *NONE            172.16.1.254     172.16.1.10             
          
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                        終わり  
 F3= 終了        F5= 最新表示   F6= リストの印刷   F11=TYPE OF SERVICE の表示   
 F12= 取り消し   F17= 先頭      F18= 最後                                       
 TCP/IP  経路  は正常に除去された。

(4) ping試験

変更後は、AS400より他のネットワークへのPing試験を忘れずに実施しましょう!

PING '172.22.0.1' [実行]