タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【NetBeans】デプロイ先の変更方法

先日、APをglassfishからpayaraへ変更したのですが、WindowsPCのIDEからのデプロイ処理だけが、旧glassfishのパスで実行されてしまう問題が発生しました。その解決方法をまとめておこうと思います。

トラブル内容

  • 元々のglassfishのパスは、「C:\glassfish4_1」。新しいpayaraのパスは、「C:\payara41」です。
    NetBeansも8.1を入れて、いざMavenのデプロイ処理を実行してみると・・・
------------------------------------------------------------------------
BUILD SUCCESS
------------------------------------------------------------------------
Total time: 28.925s
Finished at: Thu Nov 05 17:11:55 JST 2015
Final Memory: 16M/178M
------------------------------------------------------------------------
Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -Dfile.encoding=UTF-8
NetBeans: Deploying on [C:\glassfish4_1\glassfish;C:\glassfish4_1\glassfish\domains\domain1]deployer:gfv3ee6wc:localhost:4848
    profile mode: false
    debug mode: false
    force redeploy: true

Deploying onのパスが、glassfishのままになっているではないですか!

解決方法

プロジェクトを右クリック→プロパティ→実行内の「サーバー」を<サーバーが選択されていません>の状態で保存しておきます。

f:id:no14141:20151118175223j:plain

その後、デプロイを行いますと、デプロイメントサーバー先を聞かれるので、ここであらためてpayaraを選択してあげます。(合わせて、永久に記憶を選択。)

f:id:no14141:20151118175235j:plain

結果、新しいAP先へのデプロイが実行されるようになりました!

なかなか、難しいところですね。