読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【Excel】列Aの値が列Bに存在しているかをチェックする方法

概要

  • テーブル1とテーブル2の不一致レコードを簡単に調査する方法です。マクロは使わず、関数だけで簡単に比較します。
  • ACCESSがあれば、テーブル1とテーブル2を準備して、「新しいクエリ」→「不一致クエリ ウィザード」を作成し、テーブル1と2の不一致レコードを抽出することができるので大変便利ですが、今回はEXCELでやります。

作業手順

(1)列Aに比較対象データを、列Bに比較したいデータをセット。

(2)列CにVLOOKUP関数を記述し、全行へコピーする。

C2 = IF(A2=VLOOKUP(A2,$B$2:$B$11,1,FALSE),”○”)

(3)結果確認

  • 「#N/A」となった行が、不一致対象。
  • ただしこの方法は、列A→列Bの比較(列Aにあって、列Bに存在しないデータの抽出)。列Bにあって、列Aにないデータは、別途抽出します。

f:id:no14141:20131020183657j:plain