タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【AS400】 AS400のポート監視をZABBIXで行う

AS400+Zabbix連携ネタの続きです。

今度は、AS400が開いているポートを継続監視します。とりあえず、今回は、TELNETポート23を監視してみようと思います。

①アイテム追加

  • 設定→ホスト より、「AS400」ホストを選択し、アイテムのリンクより画面右上の「アイテムの作成」をクリック。

f:id:no14141:20170818125924j:plain

項目 設定値 備考
名前 Port監視(23_telnet) 当アイテムの名前
タイプ シンプルチェック
キー net.tcp.service[tcp,,23] TCP23ポートをチェック
ホストインターフェース 192.168.1.250:10050
ユーザー名  
パスワード  
データ型 数値(整数) 1:サービス起動 0:サービス停止
データの形式 10進数
単位
乗数
更新間隔(秒) 0 ここでは設定せず。次の更新間隔カスタマイズを優先
更新間隔カスタマイズ 定期設定 m/1 ※この設定で常に00秒時にデータを取得する

キー・ダイアログ

  • キー項目の右端の【選択】ボタンで、下記のようなダイアログが表示します。

f:id:no14141:20170818125930j:plain

②グラフ追加

  • グラフは、①で設定したアイテムの名前を選択します。

f:id:no14141:20170818125938j:plain

③トリガー追加

トリガー

  • トリガーは、1分ごとにキーを取得し、連続3回すべて0(サービス停止)の場合に、「障害」とするようにしました(1回でもいいような気も・・・)。
  • 障害時の通知処理は、メールやslack等で受け取れるようにします。

f:id:no14141:20170818125934j:plain

【条件式】
{AS400:net.tcp.service[tcp,,23].last(#3)}=0

依存関係

  • 依存関係の設定は、必要に応じ、AS400自身のICMPのping監視や上位のスイッチなどのICMPのping監視を設定します。依存関係は、依存設定したアイテムが有効である場合にのみ、今回対象のトリガーを生かします。
  • 今回は、すでにICMPテンプレートを適用していたので、そのテンプレートの中の1アイテム「AS400: {HOST.NAME} is unavailable by ICMP」を依存先として追加しました。AS400pingが飛ばない場合には、TCP23ポートの障害としては発砲されません。

f:id:no14141:20170818133318j:plain

※以上で、設定は完了です。

次回は、as400のNTPクライアントの話を書きたいと思います。