タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

ネットワーク・スループット調査

久しぶりの投稿になってしまいました。。。

最近は、ほとんどプログラミングが出来ておらず、インフラ系の仕事がメインになっております。 その中で、新たに学んだことを、備忘録として記しておきたいと思っております。

今回は、iperfを使って、ネットワークのスループットを計測する機会があったので、まとめます。

そもそも、スループットとは何かということで、次のような意味になります。

スループットとは、単位時間あたりの処理能力。コンピュータが単位時間内に処理できる命令の数や、通信回線の単位時間あたりの実効転送量などを意味する。後者の場合、末端同士の実質的な通信速度(理論値からプロトコルのオーバーヘッド等を差し引いた実効速度)の意味で使われる。(IT用語辞典-eWordより)

コンピュータやネットワーク機器などの性能を評価する指標でもあるとのこと。 この数値が高ければ高いほど、体感速度もアップするというわけか。

同僚からは、iperfが便利!と教えていただいたので、早速使ってみました。 その前に、iperfについては、こちらのサイトで学ばさせていただきました。

www.ccna-navi.com

qiita.com

準備

  • Serverとクライアントが必要なので、PC2台を準備します(今回は、両方Windows10でテスト)
  • PCそれぞれに、iperfソフトウェアをダウンロードし、「C:\tools」に配備しました。

Server側の操作

  • IPアドレス:172.16.10.1
  • Serverとして起動させるために、オプションsを付けてiperfを実行させます。
  • 実行後、Windowsなので、セキュリティ許可の要求が出現しますので、アクセスを許可します。

f:id:no14141:20150926145649j:plain

コマンド結果

C:\WINDOWS\system32>cd c:\tools

c:\tools>iperf -s
------------------------------------------------------------
Server listening on TCP port 5001
TCP window size: 64.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[256] local 172.16.10.1 port 5001 connected with 172.16.10.2 port 61635
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[256]  0.0-10.0 sec   849 MBytes   713 Mbits/sec

Client側の操作

  • IPアドレス:172.16.10.2
  • Clientとしてiperf Serverへアクセスします。オプションcの後にIPアドレスを指定して通信を開始します。
  • 1秒間隔で測定結果を表示させるため、オプションiを1秒として実行します。
  • 結果は、同一ハブ上でのテストのため、10秒の平均が 712Mbits/secという結果になりました。
  • 念のため、ServerとClientを入れ替えてみて、テストして比較した方がいいようです(上り/下り)。

コマンド結果

C:\WINDOWS\system32>cd c:\tools

c:\tools>iperf -c 172.16.10.1 -i 1
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.10.1, TCP port 5001
TCP window size: 64.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[236] local 172.16.10.2 port 61635 connected with 172.16.10.1 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[236]  0.0- 1.0 sec  83.6 MBytes   701 Mbits/sec
[236]  1.0- 2.0 sec  84.5 MBytes   709 Mbits/sec
[236]  2.0- 3.0 sec  84.7 MBytes   710 Mbits/sec
[236]  3.0- 4.0 sec  85.2 MBytes   715 Mbits/sec
[236]  4.0- 5.0 sec  85.2 MBytes   715 Mbits/sec
[236]  5.0- 6.0 sec  85.2 MBytes   714 Mbits/sec
[236]  6.0- 7.0 sec  85.3 MBytes   716 Mbits/sec
[236]  7.0- 8.0 sec  85.2 MBytes   715 Mbits/sec
[236]  8.0- 9.0 sec  85.2 MBytes   715 Mbits/sec
[236]  9.0-10.0 sec  85.4 MBytes   716 Mbits/sec
[236]  0.0-10.0 sec   849 MBytes   712 Mbits/sec

まとめ

  • スループットを測定できるToolとして、iperfは大変便利!
  • ネットワーク内で2ポイントで調査できるので、その間に低速ハブなどが存在するかどうかも、このツールで見極めることができそうです。