読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【DB2/400】AutoNumber IDのテーブル作成

正直、ずっとDDSでのテーブルばかり扱ってきたので、DDLのテーブルについてはなじみがありません。
これではいかん!ということで、少しずつスキルアップを進めていこうと考えます。

まずは、AutoNumberの主キーから!!!(なぜか? 理由は特にありません)

RDBによって、書き方が違うようで。深いですね・・・。

CREATE TABLE TIGERDB.TESTTB(
  ID INT NOT NULL GENERATED ALWAYS AS IDENTITY
 (START WITH 1 INCREMENT BY 1 NO CHACHE),
  VALUE VARCHAR(100)
)

上記のSQLDB2 for iにもテーブルが作成されました。

次は挿入です。
AUTO NUMBER なので、値だけ指定してやればオッケー!

INSERT INTO TIGERDB.TESTTB(VALUE) VALUES('AAA')
INSERT INTO TIGERDB.TESTTB(VALUE) VALUES('BBB')

SELECT * FROM TIGERDB.TESTTB

-- ID   VALUE
--  1   AAA
--  2   BBB

もちろん、当然ですが、AS400からも普通に参照できます。

RUNQRY QRYFILE(TIGERDB/TESTTB)