読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【AS400】コマンド・デフォルト値の変更

IBM提供のコマンドでオプションありのものについては、デフォルト値をユーザーが指定できるようになっています。

CHGCMDDFT コマンドを入力し、F4プロンプトを呼び出すと、下記のような画面が表示されます。例では、テープ初期化コマンドでの固定値を設定させようとしています。

                        コマンド省略時値変更  (CHGCMDDFT)                       
                                                                                
  選択項目を入力して,実行キーを押してください。                                
                                                                                
  コマンド  . . . . . . . . . . .   INZTAP         名前                         
   ライブラリー  . . . . . . . . . . .     *LIBL        名前 , *LIBL, *CURLIB        
  新しい省略時 パラメーター・ストリング . .   'NEWVOL(YYMMDD) NEWOWNID(TIGER) CHECK(*NO) D
ENSITY(*CTGTYPE)'                                                               
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                                
                                                                         終り   
 F3= 終了    F4=プロンプト   F5= 最新表示    F12= 取り消し                         
 F13= この画面の使用法                    F24= キーの続き                       
                                                                                


CHGCMDDFT CMD(INZTAP) NEWDFT('NEWVOL(YYMMDD) NEWOWNID(TIGER) CHECK(*NO) 
          DENSITY(*CTGTYPE)')                                           


注意点

  • ただし、一度変更してしまうと、変更した内容を確認したり、デフォルト設定に戻したりできなくなってしまうようです。
  • さらにOS iをVersionアップしてしまうと移行できないかもしれません。VersionアップやServer移行時でも必要なものについては引継ぎできるように、初期値を変更したコマンドは、記録しておくことをお勧めします。