タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【AS400】TAPEからのライブラリー復元

概要

SAVFからのライブラリー復元に関連して、テープ装置から保管ライブラリーを復元する方法をまとめておきます。

テープからのライブラリー復元方法

  • 処理の流れ
    1. テープ確認
    2. 対象ライブラリー消去(任意)
    3. RSTLIBコマンド実行

1.テープ確認

DSPTAP DEV(TAP01)  
  • DSPTAPコマンドにて実際に必要なライブラリーがテープに保管されているかを確認します。
  • 使用するテープがきちんと読み取りできるかどうかも確認できるかと思います。
                         テープ・ボリューム情報の表示                           
                                                                                
 装置 . . . . . . . :   TAP01             ボリューム ID  . . :   141225         
 所有者 ID  . . . . :   TIGER             密度 . . . . . . . :   *ULTRIUM4      
 タイプ . . . . . . :   *SL               コード . . . . . . :   *EBCDIC        
                                                                                
                                                                                
 データ・ファイル・ラベル . . . . . :   TIGERDB                                 
 ファイル順序 . . . . . . . . . . . :   0000000001                              
                                                                                
 レコード様式 . . . . . . . . . . . :   U                                       
 ブロック属性 . . . . . . . . . . . :                                           
 レコード長 . . . . . . . . . . . . :   00000                                   
 ブロック長 . . . . . . . . . . . . :   262144                                  
 ファイル長 . . . . . . . . . . . . :   0000001559                              
 バッファー・オフセット . . . . . . :                                           
 制御文字 . . . . . . . . . . . . . :                                           
                                                                       続く ... 
                                                                                
 続行するには,実行キーを押してください。                                       
                                                                                
 F3= 終了   F12= 取り消し   


                         テープ・ボリューム情報の表示                           
                                                                                
 装置 . . . . . . . :   TAP01             ボリューム ID  . . :   141225         
 所有者 ID  . . . . :   TIGER             密度 . . . . . . . :   *ULTRIUM4      
 タイプ . . . . . . :   *SL               コード . . . . . . :   *EBCDIC        
                                                                                
                                                                                
 マルチボリューム標識 . . . . . . . :                                           
 マルチボリューム順序 . . . . . . . :   0000000001                              
                                                                                
 作成日 . . . . . . . . . . . . . . :   14/12/25                                
 満了日 . . . . . . . . . . . . . . :   *PERM                                   
                                                                                
 ファイル・タイプ . . . . . . . . . :                                           
 データの短縮 . . . . . . . . . . . :   *YES                                    
 作成したシステム . . . . . . . . . :   IBMOS400                                
                                                                                
                                                                        終わり  
                                                                                
 続行するには,実行キーを押してください。                                       
                                                                                
 F3= 終了   F12= 取り消し 

2.対象ライブラリー消去(任意)

CLRLIB TIGERDB 
  • 必要に応じ、リストア処理前に復元先のライブラリーを空にしておきます。

3.RSTLIBコマンド実行

 RSTLIB SAVLIB(TIGERDB) DEV(TAP01) ENDOPT(*UNLOAD) 
        MBROPT(*ALL) ALWOBJDIF(*ALL) 
  • SAVFでの復元と同様に、MBROPT(ALL) ALWOBJDIF(ALL) で復元します。
  • RSTLIBオプションにて、別のライブラリー名へ復元させることも可能です。