読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編)

AS400,WAS,GlassFish,Java,JavaEE,JSF等の開発における日々の気づきをまとめたブログ(備忘録)。

【AS400】CMPPFM(物理ファイルメンバー比較)

概要

  • 物理ファイルメンバー比較 (CMPPFM) コマンドを使用して、ソースファイルAとソースファイルBを比較し、その違いの結果を出力してくれます。
  • Version違いのソースが2つあり、どの部分を追加修正したのかを把握するときなどで使用します。
  • コマンド正式名称=CoMPare Physical File
    (※compare・・・[動詞] (類似・相違を示し相対的価値を知るために)<2つを>比較する)

使用例

  • SAMPLE01とSAMPLE01_Oを比較する例。帳票にて結果を出力。
CMPPFM NEWFILE(TIGER/RPGLESRC) NEWMBR(SAMPLE01)
  OLDFILE(TIGER/RPGLESRC) OLDMBR(SAMPLE01_O) OUTPUT(*PRINT)

f:id:no14141:20131002123119j:plain

実行結果

f:id:no14141:20131002123125j:plain

省略語の説明

ID セクション
I -  新ファイルに挿入された行
D - 新ファイルで削除された行
RN- 新ファイルで形式変換された行
RO- 新ファイルで形式変換された旧ファイルからの行
IM- 旧ファイルにもあり,新ファイルに移動された行
DM- 新ファイルにもあり,旧ファイルに移動された行
相違のタイプ
MAT= 一致した行
RFM= 形式変換された行
RPL= 置き換えられた行
INS= 新ファイルにあるが,旧ファイルにはない行
DEL= 旧ファイルにあるが,新ファイルにはない行
IMR= 新ファイルで形式変換された行
DMR= 旧ファイルで形式変換された行
IMV= 旧ファイルから新ファイルに移動された行
DMV= 新ファイルから旧ファイルに移動された行
欄見出し
N-LN - 新ファイル中の行
O-LN - 旧ファイル中の行
NUM - 行番号
INS - 挿入済み
DEL - 削除済み
PROC - 処理済み
CHNG - 変更済み
REFM - 形式変換済み